女性上司から好意を抱かれる方法とは!?

(お悩み)
職場の上司が女性で、どうかかわったらいいのか…。
(返答)
細かなホウレンソウと積極的な会話が重要にゃ。
スポンサーリンク

女性上司には、特にホウレンソウを徹底すべき!

もし、あなたの上司が女性ならば、密なコミュニケーションをとるのがオススメです。

ココで言う、密なコミュニケーションの一つには「ホウレンソウ」があります。

ホウレンソウとはホウレンソウは『報告・連絡・相談』の頭文字を取って、そのように呼ばれています。

女性はプロセスが気になる!!

ではなぜ女性上司の場合は、特にホウレンソウを徹底的にする必要があるのでしょうか。

その背景には、女性は結果以上に「プロセス」を重視する傾向にあるからです。

つまりあまり良い結果でなかったとしても、

そのプロセスで努力をしていれば評価されやすいということです。

またこの特徴があるが故に、部下の仕事の進捗状況が気になるものです…。

そのため、一見すると大したことではなさそうな事柄でも必要があれば、

逐一ホウレンソウをする中で、コミュニケーションを図っていきましょう。

仕事だけでなく個人的な悩みもおススメ

また女性上司に対しては、

仕事の悩みだけではなく、個人的な悩みを相談するのがオススメです。

これは、女性に多い「自己開示」を利用したテクニックになります。

つまり、自分のことを話せば、

相手も自分のことを話しやすくなり、関係性が深まるという結果が予想できます。

そのため、自分の悩みを積極的に相談(自己開示)することで、

女性上司との関係性を良好なものにしていきましょう。

表情や身振りに注意して!

さらに、女性上司と会話をする時は「表情」や「身振り」にも注目しましょう。

特に、女性は表情や身振りといった非言語的コミュニケーションに敏感です。

これを「デコーディング能力が高い」と呼びます。

デコーディング能力とは非言語的コミュニケーションなどの情報を判断する能力を指します。

スポンサーリンク

上司と良好な人間関係を築く方法【3選】

①熟知性の法則を利用する

人は、相手のことを知っていれば知っているだけ、

その人に対して親近感を抱きやすくなるという心理があります。

これを「熟知性の原則」と呼びます・

つまり上司に対して、積極的に自分のことを知ってもらえるような関わりをすれば

それだけ良好な人間関係が築きやすくなるということです。

②単純接触の原理を利用する

また人は同じ人・ものに何度も触れていると、

それだけ相手に好意を抱きやすくなるという心理効果があります。

これを「単純接触効果」と呼びます。

そのため、できるだけ上司と関わる頻度を気にしてみるのもおススメです!

③開放性の法則を利用する

最後に、「開放性の法則」を上手く利用しましょう。

開放性の法則とは、自己開示の返報性と同義です。

つまり、仕事などのパブリックな面だけではなく、

家族や趣味などのプライベートな面までも積極的に相手に伝えていくということです。

そして、それらの内容を相手と共有することで、

相手の内面に触れることができ、さらに親近感を抱きやすくせることができます。

まとめ

今回、上司(特に女性)の場合の良好な付き合い方についてご紹介しました。

いかがだったでしょうか。

また「女性上司との付き合い方がよくわからない…。」という方も多いと思います。

そのため、今回このような回をもうけてみました。

ぜひ、今回の記事を参考にしてもらい、職場で活かしてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする