【徹底解説】男性と女性とで関わり方を変えたほうが良い!?

(お悩み)
彼女との接し方がイマイチ分からない…。
(返答)
女の子と関わるときは、細かな気配りが必要にゃ。
スポンサーリンク

女性には多くを語り、メンテナンスを怠らない!

男性と接する場合は、あまり多くを語らないほうが無難です。

男性は、自分で考え、自分で行動に移したい生き物だからです。

しかし女性は、男性のような接し方ではいけません。

むしろ、女性に対しては、

積極的に話しかけ、彼女の気持ちを落ち着かせるような気づかいが必要です。

女性は色々なことを考えてしまう生き物…。

ではなぜ、女性に対しては積極的に話しかけ、

気持ちを落ち着かせるような気づかいが必要なのでしょうか。

その背景には、女性は男性よりも一度に色々なことを考えられるため、

色々な思いが生まれてしまうという特徴があるからです。

これは、男女での脳の構造が違うということが挙げられます。

まず女性は、右脳と左脳を繋ぐ「脳梁」が男性に比べて太いと言われています。

そのため、左右両方の脳を同時に使い、

あらゆる場面を考えるのが得意な傾向にあるようです。

しかしそれは色々なことを考えるきっかけになり色々な感情が起こりやすい…とも言えます。

したがって、不安や悲しみを抱くことが多いため、

女性への気遣いが欠かせないということになります。

やったほうがいい!女性への声かけの仕方

また、女性に声かけをするときは、

できるだけ前向きな助言や褒め言葉をかけてあげるのがおススメです。

これは『ピグマリオン効果』を利用したものです。

ピグマリオン効果とは人は期待されればされるほど、その期待に応えようとする性質を利用したものです。

特にもし、

あなたの部下に女性がいるのであれば、なおさらこのような声掛けが重要になってきます。

そうすることで、部下の女性が最大限の力が発揮できるようになってきます。

【上司必見】たとえ優秀でも放っておかない!

ここからは、上司や先輩と呼ばれる部下がいる人に読んでもらいたい内容です。

それは、部下へのかかわりは細めにすべきだということです。

たとえ優秀かつ手がかからない部下だったとしても、

部下の仕事ぶりを放っておいてはいけません。

もちろん、これは男女問わず言えることです。

特に女性の場合は、声をかけられずにいると、

『(上司から)どうでもいいって、思われているんだ…。』と思ってしまいます。

そんな時は、

あなたなら安心して任せられるからだよ?」と優しい言葉をかけてあげましょう。

そうすることで、女性としては安心感を抱くきっかけになります。

さいごに

女性は一度に、色々なことを考えられる脳を持っています。

そのため、いろいろなことを一度にこなすことができるという特徴があります。

その一方で、色々なことをいっぺんに考えてしまうという側面も兼ね備えているようです。

結果として、心配事や不安ごとが絶えず発生してしまいます。

だからこそ、女性に対して細かな関わりをすることが男性の義務だともいえるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする