男性に相談するときのテクニックを解説!

(お悩み)
男性上司に、悩み事をしたら「で、何がいいたいの?」って言われた…。
(返答)
男性に相談するときは、ちょっとした工夫があると良いにゃ
スポンサーリンク

悩みごとを他人に相談するのは効果的である

他人に自分の悩み事を相談したがらない人っていますよね?

しかし、実際は他人に自分の悩みをできるだけ相談したほうがいいです。

理由は、2つあります。

一つが、「自己開示の返報性」が働くからです。

自己開示の返報性とは自分のことを相手に話すと、相手も自分のことを話したくなるという心理効果を指します。

特に、親しい間柄になりたい人とは積極的に自己開示の返報を利用したほうがいいです。

そもそも自分のことを他人に話すというのは、

それほど相手に対して『信頼』を置いているということをする有効な手段です。

また、職場の上司からしても部下の悩みを聞くことは決して悪いことではありません。

また、もう一つは『クロージング効果』も働くからです。

クロージング効果とは自分と相手以外の介入は一切なく、2人だけの世界を作り上げていくことで、
お互いの秘密や思い出などを共有する心理効果を指します。

そのため、職場の上司と親しい間柄になれる一つの有効な手段なのです。

なので、できるだけ人に話してもよい悩みは話してみるのがおススメです。

男性に相談するときは『自尊感情』に注意する

しかし、相談相手が男性の場合は注意が必要です。

それは、男性は女性よりも『自尊感情』がとても高い傾向にあるからです

そのため、この自尊感情を満たすために男性が質問の返答をしやすくする必要があります。

つまり、男性の脳に入ってきやすい「情報の伝え方」を心がけるということです。

男性に相談するときは『結論』から述べる

では、どのようにすれば男性の脳に入ってきやすい情報の伝え方が可能になるのでしょうか。

結論から言うと、男性に相談するときは相談したい内容の結論を先に述べたほうがいいです。

例えば、次のような感じです。

次のプレゼン資料の表題について、悩んでいます

次のデートに着ていく服について、アドバイスが欲しいです

などといった感じです。

そして詳しい詳細については、この後に述べていくという感じです。

これを「アンチクライマックス法」と呼びます。

アンチクライマックス法とは最初に結論を述べた上で、後からその説明をする話し方を指します。

そして男性の脳には、この『アンチクライマックス法』がスッと入ってきます。

「で、何が言いたいの?」と男性が思う理由

ではなぜ、男性は「で、何が言いたいの?」と女性に対して思ってしまうのでしょうか。

それは、男性は「アンチクライマックス法」の話し方を好む一方で、

女性は「クライマックス法」の話し方を好む傾向にあるからです。

クライマックス法とは最後に結論を述べ、そこに至るまでの道筋を説明する話し方を指します。

よく、「女性の話は長い…。」といいますよね?

これは結論が最後に来るため、自然と話が長くなってしまうんです。

その一方で男性は結論が先に来るので、話は端的に終えることができます。

そしてこのような会話の特徴を知らずに、女性が男性に話すと、

結論が出てくるまでに時間がかかるため「結局、何が言いたいんだ…?」

と疑問を抱いてしまうんです。

スポンサーリンク

男性に相談するときは「クローズド・クエスチョン」

さらに、男性に相談するときは「クローズド・クエスチョン」を使うのがおススメです。

クローズド・クエッションとは『yes』か『no』または、どちらかの選択肢を選ぶことで成り立つ会話を指します。

例えば、『あなたは昨日、TVはみましたか?』という質問に対しては、

『はい』か『いいえ』で答えることができますよね。

また、

『今日の夜ご飯は「お好み焼き」と「焼肉」どちらがいい?』という質問に対しては、

「お好み焼き」か「焼肉」のどちらかで答えることができますよね。

つまり、非常に質問の答えを返しやすいんです!

そのため、できるだけ「クローズド・クエスチョン」で済む会話を心がけておきましょう。

男性が言われて嬉しい一言

そして、ここからは上級者です。

先述したように男性は女性よりも『自尊感情』が高い傾向にあります。

そのため、この自尊感情を上手く利用すれば、

男性側としては『心地の良い返事が出せた!』と考えることができます。

そして、この自尊感情をくすぐるような枕詞が存在します。

それが「あなただから、話せることなんだ…」という言葉です。

これにより相談相手としては、

『(私は)あなたを信頼しています』と示唆することができ、

男性側としては自尊感情が満たされ、あなたに好意を抱きやすくなるほか、

気持ちよく相談に対しての返事が出来るため非常に効果的です。

さいごに

男性相談するときは、質問の返答がしやすいように工夫してあげるのが一番です。

そのためには「アンチクライマックス法」「クローズド・クエスチョン」、

また上級者は男性が言われて嬉しい一言を添えてあげるとなおよいでしょう。

ぜひ、今回の内容を踏まえて男性への相談の仕方を工夫してみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする